FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/07/07

羽月希 欲求不満熟女妻が緊縛されて歓喜の潮吹き絶頂


 AVレビューサイトのはずが、すっかりオナニー遍歴を語る場と化していますが、それだけ今世紀に入ってからAV女優のレベルが激しく上がったということでしょう。なんかオナニーの合間を縫って細々と生きているような気がしないでもありません。ということで(なにが?)、今回は羽月希クンについて言及してみたいと思います。


 羽月希といえば、拙者の感覚では2010年代前半で一番売れたAV女優のひとり。正確にどうなのかは分かりませんけど、とにかくメチャクチャな数の作品に出まくっていた印象です。なんであんなに売れたのかといろいろ考えているんですが、タレ目タヌキ系の嫌味のない顔だち、均整のとれたムッチリボディー、ハード系もいとわない安定したプレイぶりなど、総合的見てに欠点のない女優さんと言うことができるでしょう。おそらくみなさんには熟女系の印象しかないでしょうが、二十歳前後でデビューした当初(井上まさみだったか)はロリぽっちゃりという感じがあったのです。セーラー服着てた作品もうっすら覚えていますが、さすがにコントみたいでした(笑)。


 羽月希の名前になって無臭性に出はじめた頃には、もうトップアイドルと言っていい人気者でしたねー。でも同じようなシチュエーションで同じ芝居ばかりやるので、拙者はあまり評価してなかったのです。絶頂に達した際のビクビクッという演技もマンネリ気味のように思えたし。ただ、アイドル系の人で本格的に本番中出しとかア○ルプレイとかやり出したのは、羽月希が元祖に近いと思うんですね。ア○ル責めされてブビッと凄い音たてながら達するシーンを見て、こいつはかなり根性があるのでは?と感心させられました。それから熟女系にシフトして、プレイのきめが細かくなってどんどんよくなった感じ。


 拙者の中では、羽月希は伝統的なお姉さま系美女タイプの系譜に入っているのです。もうひと世代前の女優で言うなら吉沢明歩、麻美ゆま、蒼井そら、中島京子、白石ひよりといった名前が思い浮かびます。しかし彼女たちスター連中は、やはりどこかAV女優的な職業的ケバさがあったと思うのですね。それが羽月希とか平井綾橘ひなたといった2010年前後に売れ出した人になると、普通っぽいお姉ちゃんが平気でマムコ露出して無茶苦茶やっとるという、以前では考えられないようなシーンが目の前に出現しはじめたわけです。それを最初に感じたのは2008年にデビューした乙井なずなという女優さんでしたが(それはまた別のお話)、とにかくその頃を境にしてAVが大きく変化したという印象が強いのです。


 前述の羽月希、平井綾、橘ひなたというのが、当時海外無臭性サイトを注視していた拙者にとっての若手ホープ三人衆でした。三人ともロリぽっちゃりのイメージでデビューして、急速に洗練されていったわけですが、最もオールラウンドで売れそうな感じだった平井綾があっさり出なくなっちゃって、羽月希は熟女系、橘ひなたはギャル系で売れに売れるという、三者三様の道を歩んだところがなかなか面白いですね。


羽月希


無料サンプルはこちら→ 羽月希 欲求不満人妻が緊縛されて潮吹き絶頂


熟女ものの月額見放題動画はこちら
熟女チャンネル

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。