FC2ブログ

AVレビュー美少女系アダルト動画完全まとめ

人気AV女優のおすすめ名作・抜ける話題作を一挙紹介
AVレビュー美少女系アダルト動画完全まとめ TOP  > 

西園寺れお アイドル顔むっちり美少女を後ろから前から凌辱


 みなさん、こんにちは。菅野がノーヒットノーランやりましたねー。また一歩、常勝巨人という正義の実現に近づいたようで、やはり野球はこうでなくてはいけません。思えば最下位になった翌年、太平洋から移籍した加藤初が広島相手にノーノー達成したのも記憶に新しいところです(古いなあ)。古いといえば、拙者は「オナペット(死語)」という言葉を好んで使っておりますが、実際にオナペットという言葉は死語なのでしょうか。まあ言葉は使われなくなっても、青少年の心の中にオナペットが存在するのは厳然たる事実。拙者の中坊時代で言えば、榊原郁恵とかキャンディーズのスーちゃん、岡田奈々、相本久美子といったみなさんをよくオカズに発射していました。こういった有名人はもちろん脱がないので、週刊誌のグラビアに載っているヌードを心に焼きつけておいて、そこにアイドルの顔を当てはめてガンガン犯すわけです。想像力が鍛えられてないと、いいオナニーはできないのですね。



 そこで前回、星野ひかるのことを書きながら思ったんですが、エロ方面でアイドル的な人気を得る人というのは、一般アイドルに比べるとどうしてもレベルが下がってしまうわけですよ。ロマンポルノの聖子ちゃんと言われた寺島まゆみにしても、普通のテレビ番組に出たら中の下くらいになっちゃう。それが世間の常識だったんですけど、ある時期(2010年前後)から、その辺のおバカアイドルよりも上玉に見える女が当然のようにAVに出演して、それも無臭性で全部おっぴろげて潮吹いてオシ○コまで披露しちゃうという、無茶苦茶なことになったのですな。具体的に言えば羽月希、平井綾、ももかりん、橘ひなた、大橋未久、立花さや、前田かおり……と名前は尽きないわけですが、こんなのが続々出現したら、想像力を駆使して一般アイドルをオナペットにする手間は必要なくなってしまう。そして、そのチャンピオン的な存在としてわれわれを驚かせたのが西園寺れおの登場でした。



 西園寺れおは一説には親にバレて引退したと言われていますが、この辺のエピソードは90年代のAV女優みたいで思わずニヤリとさせられます。この人、パッと見はキリッとしたアイドル顔なんで、以前は某グループのメンバーだったとか、オーディションで落ちたとかいう噂が飛び交っていたようです。しかし、どうもこれは後から付け足した設定らしい。いずれにしても、いかにも好き者らしい整った顔だちと固太りむっちりボディーはわれわれ青少年(誰が?)のオナペットには最適。こやつが無臭性デビューした時の衝撃はかなりのもので、あれよあれよという感じでご開帳すると、生来のドMっぷりを発揮して痙攣してイキまくるわ、ヨダレたらして潮吹いて、オシ○コ漏らして悶絶するわで、そりゃーもう大騒ぎ。アイドルとやりたいという願望は確かにありましたけど、ここまでメチャクチャに犯したいとは誰も思ってなかったわけで、想像力の上を行く存在としてAV好きの度肝を抜いたわけです。



 アイドル系の女優が無茶苦茶やるという意味では、当サイト的には朝倉ことみと愛内希が双璧の女王であり、そこに前田陽菜という拙者の個人的アイドルが加わって、オナペット御三家だったのですね。しかし、こやつらはあくまでコスプレとか潮吹きをメインとした色物系の芸人であり、世間的にはマイナーなタイプだったのです。西園寺れおはカラミそのもので勝負する本格派であるところが、アイドル系の中でも一線を画するところだと思うわけです。一般アイドルなみの上玉の系譜では、麻倉憂・佳苗るか・坂口みほのあたりに連なる人なんだけど、ドMド変態という個性が突出していて分類に困ってしまいますね。そんな西園寺れおは、2010年代前半においては衝撃的な存在でしたが、本物の芸能人がAVデビューして無茶苦茶やっちゃう時代になると、ややかすんでしまうのも仕方のないところです。でも名作は死なずってことで、これからも西園寺れおでオナニーするんですけどね(笑)。


西園寺れお

無料サンプルはこちら→ 西園寺れお 投稿実話 妻がまわされた


関連記事
[ 2018/10/16 14:18 ] 西園寺れお | TB(-) | CM(0)

小西まりえ ロリアイドル痴女プレイ淫語手コキで完全主観発射


 みなさんこんにちは。相変わらずロリ系について歴史的考察(なのか?)を書いている拙者ですが、気がつくとロリというのはすっかりマイナージャンルになってしまいました。かつてのロリコンブームの頃には、大手出版社が先を争って豪華写真集やビデオを出しまくり、遂にはネタが切れてしまって、こうなったらロリSMくらいしかやることねーぞ、てなことを言っておったのです。そんなことは完全になかったことにして、当札する教師やなんかを偉そうに糾弾していますけど、実はどのメディアも昔は無茶をやりまくってたんですよねー。歴史を忘れたロリコンに明日はないですよ(もともとないけど)。そんなことはともかく、ロリを縛って責めるというのはひとつの正しい方向性だと思うのですね。ロリものっていうのは、抵抗できない無力な少女を手玉にとりたいというおっさんの願望が基本にあるわけで。



 そこで思い出すのが星野ひかるというAV女優のことなのです。この人は90年前後に人気のあったアイドルなんですけど、あどけない顔にちびっこスレンダーボディーというのが、ロリ好きの琴線に触れるところがありました。今でもときどき見返してみるんですが、でっかいモザイクが入っているのにやっぱり勃起しちゃうんですよ。その頃のことだから、作り手や女優の側にもまだまだ罪悪感みたいなものがあって、星野ひかるクンの演技も昔の日本女性らしく奥ゆかしいところがあり、その犯されっぷりが昭和世代には実にいい具合なんざんす。こうしたネクラな感じを継承しているAV女優はなかなか見当たらないのですけど、罪悪感という部分にスポットを当てれば、小西まりえが一番近いような気がするのですね。



 小西まりえは、童顔・貧乳幼○体型を売りにするなんちゃってロリの女優としては、一之瀬すず・土屋あさみ・春日野結衣などと並んでこのジャンルを牽引してきたお人。修学旅行や露天風呂でおっさん軍団にハメられる、バカバカしいJSものには欠かせないエース的存在です。ほかの人たちはあっけらかんとした明るさがあって、おばちゃんが演技しているのは一目瞭然なんだが、小西まりえに限っては本当にこいつはJCなのではないか?というヤバさが、無表情な顔や無駄肉のないボディーに出ているところがすばらしい。この顔でこの体型で、放○アナルプレイ二穴責めとなんでも平然とやっちゃうわけで、そのぶっとんだ存在感のおかげで年間百本以上という超売れっ子になっているのです。こうして見ると、やはりロリ系に対する需要というのは根強いものがあるのですねー。



 拙者の中ではここ数年、佳苗るか・成宮ルリ・小西まりえの三人がロリアイドルのベスト3でした。この三人が揃ってカリビ○ンコムに登場して、無臭性デビューを飾った時には盆と正月が一緒に来たような感じで、ご開帳の名作をとっかえひっかえズリネタにさせてもらいました。思えば、あの辺が海外動画サイトの最後の輝きだったのかも知れません。正統派アイドルの佳苗るか、円光JKふうの成宮ルリに比べて、小西まりえはあくまで制服が板につくネクラなJCという役どころ。そんな黒髪の優等生みたいな少女が裸にひん剥かれ、パイパンの股間を大開脚させられて、中年男の容赦のないイチモツを両穴にぶち込まれる無茶苦茶な展開が、せちがらい世の中にあっては爽快そのものだったわけです。もちろん、そんなJCが実在するわけはなく、小西まりえは公称25歳の年増であることを念のため(笑)付け加えておきます。


小西まりえ

無料サンプルはこちら→ 小西まりえ Mなあなたにささやくバイノーラル淫語手コキ


関連記事
[ 2018/10/07 15:26 ] 小西まりえ | TB(-) | CM(0)

向井藍 (羽田真里) 貧乳スレンダーなロリ系アイドルに生中出し


 みなさんこんにちは。毎度毎度、ロリ系AV女優の話ばかりやっているので、読者のみなさんからは「こいつは本物のロリコンではないか」といった誤解を受けてしまうかもしれません。しかし、拙者はあくまでロリ体型をした年増の女優を愛好しているのであって、どちらかといえば熟女趣味なのです(そうなのか?)。というか、現在のロリ系業界が二十代後半のおばちゃんたちに支えられているせいで、結果的に何年ものあいだ、年増だけをオカズにオナニーしているわけですが。それはともかく、当サイトでは基本的に童顔チビデブのなんちゃってロリを至高としているのですが、もう一方で究極のロリ(?)として貧乳で無駄肉のないスレンダーなタイプも押さえておかないといけません。実際に80年代あたりにJSの噴水遊びでよく見られたのは、ボーイッシュな体型の少女たちでしたからねー。まあ拙者には何のことだか分かりませんけど、聞いた話です(笑)。



 現在のロリ系業界でスレンダー美女の代表格といえば、やはり向井藍クンということになります。もっとも、拙者にとっては無臭性方面で活躍している羽田真里の名前がしっくりくるわけですが。この向井藍ですが、これほどのルックスでボーイッシュなショートヘアーで、無臭性・縛り・中出し・放○となんでもかんでもやっちゃうんだから、こりゃ人気が出るのも当然ですわな。ひと昔前のアイドル系AV女優では考えられなかった無茶苦茶ぶりですが、当今はこれくらいの過激さはごく普通なんだから恐ろしい。今やロリアイドルでは向井藍か姫川ゆうなかという感じですけど、いかにも職業的なんちゃってロリという外見の姫川ゆうなに比べて、向井藍の方は一見普通のお姉ちゃんであるところが、逆にヤバさを強調しています。あまりにも無茶をやりすぎたため、早くも手詰まりになってきたような気さえする。別にマンネリになってもオカズとしては十分なんですけど。



 こういう美少女顔で無茶苦茶やるというのは、当サイト的には朝倉ことみと愛内希が双璧の大御所だったわけです。どちらもスレンダー幼○体型で潮吹き放○は当たり前。拙者にとってはオナニー衝動を喚起してくれる女神的存在だったのですが、ロリ系というのは世間的にはどうしても傍流であり、AV女王というところまでは行けない感じなのですね。それは、次世代の代表的なロリ女優である白咲碧(涼宮琴音)にも言えることで、ルックスと過激さでは群を抜いていても、業界的にはマイナー女優という扱いになってしまうんですねー。むしろロリという縛りを切り捨てて、明るいキャラと潮吹きに特化した上原亜衣の方が人気爆発しちゃったのだから、世の中わからないものです。それから、スレンダー美少女で大人気になった成宮ルリ。この人もロリというよりは円光というシチュエーションに特化することで、おっさんたちの願望にアピールしたわけです。



 その意味では、向井藍はチャラい女子大生キャラというか、どこにでもいるちょっと生意気なお姉ちゃんという素顔が垣間見えていて、単純ななんちゃってロリとは一線を画しているような気がするのです。それは諸刃の剣でありまして、拙者のような純粋なロリ系好き(なにそれ)から見ればもっと徹底的にロリロリしてもらいたいのですが、それはあくまで少数派の意見なのでしょうね。個人的には制服緊縛ものとか、JKを追いつめて放○や浣腸しちゃう美少女凌辱ネタとかが圧倒的に好きなのですが、おそらく世間的にはドキュメンタリー・タッチのリアルな絡みものや、マジックミラー号みたいな半分やらせ(完全にやらせだけど)の実録ものの方が受けているわけです。実際、80年代のロリコンブームを知らない戦後世代(何の戦いだかよく分からんけど)が大半を占めているので、単にロリという名を冠しただけでは響かなくなってきているのですね。毎度ながら理屈っぽくてすいません。


向井藍

無料サンプルはこちら→ ショートヘアの天然美少女と密室デート


関連記事
[ 2018/10/04 15:13 ] 向井藍 | TB(-) | CM(0)

あいりみく 美マン美少女ぽっちゃりむっちりJKハメたおし


 みなさんこんにちは。さくらももこが亡くなったそうで、どこのAV女優かと思ったら漫画家だったんですねー。あいださくらさくらあきなと間違えている。その手の平仮名の名前で思い浮かぶのが、あいりみくであります。この人は2010年前後に二年間くらい活動していたロリ系の女優なんですけど、もはや覚えている人はあまりいないでしょう。それなりに人気はあったと思うんですけど。拙者が海外動画レビューサイトをやり出して、かなり初期に一押しでご紹介していたのがこの「あいりみく」なんで、個人的には忘れがたいAV女優の一人なんざんずの。あいりみくの特徴としては、ロリぽっちゃりであると同時に美○ンなんですよ。ぽってり肉厚のアソコがきれいな二枚貝を形成していて、これは一見の価値があります。と言いつつ、現在では海外ものの紹介はやめちゃったので、モザイク入りの動画しかリンクできないんで意味ないんですけどね。



 思い返してみれば、拙者が海外動画レビューをやっていた十年間ばかりは、インターネットの無法地帯(?)が安定期にあった時期と言えるんでしょうねー。今はとにかく、あれはダメこれはダメですから嘆かわしいかぎりです。拙者はかなり初期からネットをやっておりまして、90年代(例の悪法施行以前)のパラダイスぶりを懐かしく思い出しますが、とにかく何でもありでした(笑)。もっと以前の、中高生だった頃にはマ○コはおろか毛が出てもタイーホという時代だったので、ヘア解禁になって雑誌の宝島に載っていた等身大ヘアヌードとやらをコンビニで見て、頭を鈍器で殴られたような衝撃を受けたものです。ネットで自由にアソコが見られるようになったのが第二の衝撃でしたねー。まあ、現在でも見るのは自由なんでしょうけど、見せるのもリンクするのもマズいみたいなんで、何をいまさらという気がしないでもありません。



 さて、あいりみくですけど、この人は某カリビ○ンコムと一○道でもろだし作品を見ることができますが、レビューしたり薦めたりできないのが非常に残念。デビュー当時は丸顔ロリぽちゃのイモねーちゃんで、ただかわいいだけで演技力皆無の完全本マグロ状態でした。制服とかメイド衣装でおっさんにハメられては、棒読みで「あん、あん」と喘いでいるだけで、これはどうなることやらと心配したものです。ところが、二作目三作目と回を重ねるごとにルックスも演技も洗練されてきて、犯されっぷりがさまになってきたから女というのは恐ろしい。最初はズンドウ幼○体型だったものが、ウエストがくびれてパイオツとケツがきれいに引き立つナイスボディーになってきたんですよ。そして、M字開脚すると前述したように比類のない美○ンですからねー。当時はあいりみくのケツとマ○コをずいぶんオカズにさせてもらいました。



 この時期(2010年頃)のロリ系のトップ女優としては、鈴木ありさと鈴木さとみ(W鈴木)、河愛杏里(SAYAKA)、橘ひなた、ももかりん、篠めぐみ(碧しの)、朝倉ことみ、平井綾といったところが印象に残っています。既にかなりの売れっ子女優だった羽月希は、出てきた当初はロリぽちゃという感じがあったものの、やはりどこかおばちゃん顔(おい)なのでOLとか女教師の方が板についていましたね。だから、ズリネタにはしていたけどロリの系譜からは外れてしまうんですな。そんな顔ぶれの中に食い込んできたあいりみくは、拙者の中では一時期No.1のオナペット(死語)だったのですが、活動期間は短くてあっという間にいなくなってしまいました。そのあと、前田陽菜が(俺の中では)ロリ系女王の座についたわけです。しかし、ロリ系と言いつつあいりみくもいわば「ロリ年増」であって、幼く見えても二十歳は軽く過ぎていたはず。ああいったぷにぷに系のJCかJKを合法的にハメる方法はないもんでしょうかねえ(ねーよ)。


あいりみく

無料サンプルはこちら→ あいりみく他 カワイさ盛れてるギャル女子校生


関連記事
[ 2018/09/30 14:13 ] あいりみく | TB(-) | CM(0)

前田陽菜 ロリ系AV女優のチビデブ貧乳巨尻列伝


 みなさんこんにちは。なんでも広島が優勝したそうで、V9時代以来の熱狂的巨人ファンである拙者としては非常に不愉快な昨今なのですが、考えてみると前回カープが日本一になったのは84年なのであります。84年といえばロリコンブームが収束に向いつつあった時期であり、その翌年あたりからはクソBBAの圧力で消しが入り出し、暗黒時代へと突入していったわけですね。まあ、ブームの頃の楽しい思い出を具体的に語ることはできませんが、それから数十年を経てわれわれ(って誰よ)ロリ愛好家は、ロリ系AV女優の存在だけを頼りに細々と生きているわけです。といっても、現在のロリ系業界というのは童顔幼○体型の年増というかベテランというか、早い話が三十近いおばちゃん女優たちによって支えられているわけであり、こうなるとロリコンなのか熟女趣味なのか、自分でも混乱してしまうのが、そこはかとなくいとおかし、という感じなわけであります。


 例えば、拙者がいつも言及している前田陽菜。この人は2010年代における最高のロリ系ヒロインの一人だったと個人的に信じているのですが、幼く見えてむっちり巨尻は完全におばちゃん入ってるのですね。いや、これは誉めているのでありまして、先般引退しちゃった木村つなクンも、どんなに貧乳を強調しても目に入るのは反則的デカ尻ばかり(ってそれは俺だけか)。HEYZOの人気企画「放課後美少女ファイル」に登場した時なんか、完全に年増体型でパッツンパッツンになってるので、よくおばちゃんがセーラー服着ていた昔のエロ写真を思い出してジーンとしてしまいました。というか、童顔でケツのでかい年増が好みだってだけの話で、もはや拙者はロリコンではないのかも知れませんねー。


 前田陽菜や木村つなと同路線の、チビデブ巨尻のロリ系年増としては、川越ゆいも忘れることができない名前です。このタイプの常として、おとなしいネクラ女という役どころになるので印象としては地味なんですが、美少女顔ではトップクラス。オムニバスもので二束三文の女優たちと一緒に出ると、パッと人目を引くスター性は確かにあります。拙者としては、高校時代に好きだった女にちょっと似てるんですよね(笑)。売れ線に入ってきた椎名みゆ、あるいはさくらあきな(木内亜美菜)なんかにも言えることですが、アップになると小皺が目立ち、ケツはパンパンという熟女風味が味わいになっています(そうなのか)。その意味では、現在のトップアイドルである姫川ゆうなも童顔巨尻のおばちゃんというイメージをしっかり継承しており、業界的にはしっかり伝統を受け継ぎながら世代交代が進んでいると言うべきなのでしょうか。いや、進んでないんだけどね(笑)。


 そんなことをつらつら思いつつ、相変わらず前田陽菜をオカズにオナニーする日々ではあるんですが……。同タイプでありながら大々的に引退した上原亜衣に比べると、前田陽菜はネクラでマイナーすぎた感は否めないですね。きゃりーなんとか激似くらいしか売り物がなく、ドラマ的演技もやらずにただヘラヘラしながらハメられて潮吹くだけなんで、はっきり言えば一作品みればあとは一緒だしねー。ファンの俺がこんなこと言ってはいけないんですけど。唯一のメジャーな思い出といえば、某NHKの「クローズアップ現代」で過激なAVを糾弾する話をやった際、前田陽菜主演作品が突然全国放送に登場したという快挙。そのタイトルがこともあろうに「潮吹きエクササイズ」(笑)。思わずテレビの前で引っくり返りましたね。


前田陽菜

無料サンプルはこちら→ 前田陽菜 密着 おうちで真正中出し


関連記事
[ 2018/09/27 14:21 ] 前田陽菜 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AVマスター

Author:AVマスター
塾生心得之条
我がチ○コ我が物と思わず
手淫の儀あくまで陰にて
己の性癖を伏し
御射精いかにても果たすべし
尚、出して精子拾う者なし
(未成年者立入るべからず)

アクセスを送ってくだされば
基本的に相互リンクします
広告掲載等、随時募集中です

本日の人気動画
素人チャンネル

KMPチャンネル
アクセスランキング
リンク